葬儀の際の印刷物といえば

葬儀の際の印刷物といえば

葬儀の際の印刷物といえば

突然の訃報で準備される葬儀の場合は、葬儀場や葬儀の段取りなど大変な儀式になることは経験済みです。葬儀関係者の方たちも写真の手配や葬儀に参列してくださる弔問客の方々にお返しする際の礼状の挨拶はがきなども用意しなくてはならず、印刷の手配なども忘れてはならない準備だと思います。

私は印刷関係に長く携わってまいりましたので、こういった内容の文面や印刷物の仕上がりなどは特に目に付くほうで業者さんにはきっと嫌な弔問客というところではないでしょうか。しかし、仕上げるまでの大変さを知っているのも事実で、版下作成から印刷、納品までの流れを考えても素早対応が必要なのですから昼夜問わずの作業のご苦労もわかっているつもりです。

印刷物は葬儀終了で終わりではなく、次は喪中ハガキだったり、遠方様への葬儀終了のハガキなども送るという場合もあります。こうして一通りの印刷物が終了するのですが、葬儀の時にもう一つ重要なものがあります。葬儀の際の遺影写真です。私は遺影写真の画像修正や合成などの仕事をしていたことがありますが、当初のネガや写真合成の手法とは違ったデジタル合成での作業は作業の時間的には早くでき上がるのですが、受注の時間や納品の時間の厳しさに閉口した事が多々ありました。葬儀は通夜にはじまり、翌日の告別式へとつながります。通夜は通常、式の行われる夕方より行われますが、それまでに写真を受け取り、スキャナーで読み取り、用意してある喪服や礼服の写真と遺影に使われる方の写真を合成させるという作業を終わらせることになるわけです。時間は30分ほどで終了するのですが、出力後の納品と連日連夜の作業、日曜日も祭日もままならないこの作業は大変な重労働だったと記憶しています。今現在はどのような作業でどのような処理をしているのかは分かりませんが、現在の技術ではもっと早く処理ができて、誰でもが作業を行える環境になっているのだと思います。実際に、その現場をこの目で見てみたいと思います。

近頃良く聞く葬儀は、このサイトがお勧め。。