葬儀の際の印刷物といえば

葬儀の際の印刷物といえば

事後通知状などの葬儀に関する印刷物

葬儀の際に準備しなければいけない印刷物にはかなりの種類があるといわれていますが、そのひとつとして取りあげることができるのが事後通知状といわれるものです。これは葬儀を知らせることができなかった方に対して葬儀の施行についてを知らせるという印刷物になります。この事後通知状というのは、故人が密葬などを選ばれた場合のに利用されていたのですが、最近では家族葬など家族だけをよんで葬儀を行うという方が増えてきたということもあり、一般的に利用されるようになってきました。この事後通知状がなく、後で人伝えで葬儀について知らされた場合、非常に嫌な気持ちになってしまいますので、そのようなトラブルを避けるためにも注意してこの事後通知状を作成するようにしたいものです。

さらに葬儀に関連した印刷物として、葬儀後の挨拶状といわれるものもあります。これは葬儀のさいに弔電・供花・供物などをいただいたお礼として送るものになっています。この挨拶状は、同じものを作成して一斉に送るというのではなく、頂いたものや人ごとに文面を変えたりして送るのが一般的なマナーとされていますので注意しましょう。なかには電話などでお礼をすませてしまうという方もいるようですが、やはり挨拶状をきちんと出したほうが印象もよくなりますし、感謝も伝わりやすいといえるかもしれません。ちなみに弔辞をして頂いたというような場合には、挨拶状だけではなく実際に訪問し直接感謝を伝えたほうが良いともいわれています。

近頃良く聞く葬儀は、このサイトがお勧め。。