葬儀の際の印刷物といえば

葬儀の際の印刷物といえば

葬儀の案内は印刷にするか手書きにするか

人がなくなると、一般的には葬儀を行います。しかしその前に、故人がなくなったことを親戚知人にお知らせする必要があります。そこで、葉書を送ることになりますが、それを印刷にするのか、それとも手書きにするのか、どちらかを選ぶことになります。では、印刷か手書きにするかで何が違うのでしょうか。

印刷だと、多くの人に手軽に送ることができます。パソコンで宛名を打つだけですから、非常に簡単にできます。また、打ち間違えてもすぐに修正することができます。一方、手書きの場合には、印刷と比べてかなりの手間がかかります。書き損じてもデリートキーで簡単に修正することもできません。となると、印刷したほうがよいようにも思えます。しかし、手書きには、印刷はない書き手の味というものがあります。無味乾燥な機械の文字に比べ、手書きには人それぞれの個性が表れるので、文面にその人の気持ち、様子、またはその人自身を感じるのです。特に、人と人との出会いと別れの場でもある冠婚葬祭の場合には、人の温もりを感じるものがあると嬉しいかもしれません。とはいっても、全員に手書きの葉書を書くというわけにもいきません。また、全員に印刷というもの少し味気ないものがあるといえるでしょう。あまりにも手間がかかり過ぎてしまします。そこで、近親者などには手書きで送って、そのほかの人には印刷で送る、というように使い分けるという方法もあるでしょう。このように、印刷か手書きかどちらかにするのではなく、両用するという手段もあります。

近頃良く聞く葬儀は、このサイトがお勧め。。