葬儀の際の印刷物といえば

葬儀の際の印刷物といえば

多様化する葬儀の会葬礼状の印刷

葬儀に関係する印刷物は複数あります。一番なじみがあるのが葬儀に来てくださった方々への会葬礼状だと思います。葬儀やお通夜に参列者に会葬のお礼の品と一緒にお渡しするものだと思います。斎場を利用して葬儀を行う場合はこれも一緒に用意してくれます。印刷の注文の為、おおよその参列者の予想をすることが必要です。足りなくならないように発注します。私の家族の葬儀の際は、葬儀社の方が目安を教えてくれました。故人の仕事などの関係でどれくらいの方がくるのかもわからなかったのですが十分足りました。礼状はある程度書式も決まっていますが、最近はご遺族のお気持ちが反映されたような文面も多くなっています。葬儀の当日は喪主と話すことが出来ない場合も多いですし、あえて会話をせずに帰るかたもいらっしゃいますので、せめて会葬礼状で気持ちを伝えたいものです。

宗教によって文面に使われる言葉が多少異なることもあるようですが、葬儀社の方はそれらも把握しているので私達は特になにもしなかったです。適している表現を選んでくれたようです。自分で手配する場合、インターネットで注文することもできますし、地元の印刷会社に依頼しても良いでしょう。自宅で葬儀を行う方も多い地域では印刷会社が届けてくれます。お清めの塩がついているのが一般的です。宗派によっては塩は要らないという方もいますが私が参列した葬儀では殆どついていました。表紙は派手ではないですが色やデザインも豊富です。中に家族からのメッセージを印刷したものもあります。個人のお人柄がわかる会葬礼状を見て一層お別れが悲しく感じたこともありますが、良い葬儀だったとも思いました。

近頃良く聞く葬儀は、このサイトがお勧め。。