葬儀の際の印刷物といえば

葬儀の際の印刷物といえば

葬儀にまつわる印刷物は必要なものを選ぶことが大事です

葬儀にまつわる印刷物にはシーンに応じた用途のものがたくさんあります。特に、ご不幸があった場合に一番最初に必要になるのが会葬礼状というものです。本来は告別式でお配りするものですが、最近では通夜や告別式の形態が多様化していることもあり通夜の際にお配りすることも多いようです。

故人の交友関係や、会社関係、親族関係などからある程度の必要数量を予測しなくてはなりませんが足りないということは許されませんから多めに印刷することが肝要です。葬儀後に挨拶状を送付することになります。滞りなく葬儀が執り行われた後に供花・弔電・お供えなどを頂いた方へのお礼状をかねています。

さらに、初七日や四十九日法要などが行われるにあたり法要案内状などの準備も必要になってきます。そして、葬儀のあった年末には喪中はがきの準備をしてご挨拶に代えます。身内がなくなり悲しみに暮れているときではありますが、葬儀にまつわる印刷物というのは節目節目に、必要となってきますので葬儀者などのプロに相談するなどアドバイスを受けて、失礼のないようにしておくのが好ましいです。しかし、最近では家族のあり方や、親戚との関わりにおいても変化してきています。密葬や家族葬のような近しい身内だけで葬儀をする場合や、お別れの会というスタイルで葬儀に変えて執り行う場合もありますので、全てが必要になるとは限りません。自分に必要なものを必要なだけ印刷するということも、プロと相談しながら選ぶことが大事です。

近頃良く聞く葬儀は、このサイトがお勧め。。